• 太陽光発電のバッテリでもある蓄電池設備について

  • 太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換し、変換された電気を住宅の中で利用したり、余剰電力を電力会社に買取りしてもらい、売電行う事が可能になるという、太陽光発電が有ります。 太陽光発電は、発電された電気を、住宅の中で利用するか、それとも電力会社に売電を行うのかと言う選択肢になります。 平日の日中など、家の中に誰も居ない場合は、電気は冷蔵庫で利用されるなどであり、他に利用用途と言うものは有りませんので、大半の電気は電力会社に対し、余剰電力して売電が行われていく事になります。

    しかし、最近の太陽光発電の設備の中に蓄電池を付加させることで、余剰電力の一部を充電する事が可能になるのです。 蓄電池は、いわゆるバッテリーのことであり、充電と放電の2つを可能としてくれる電池なのです。 余剰電力としても利用が可能な太陽光発電は、発電した電気の一部をバッテリに蓄えておけば、万が一停電の状態になったとしても、慌てずに、蓄電池の電力を利用する事が可能になるのです。

    蓄電池の容量にもよりますが、数時間の電気利用であれば、蓄電池に充電されている電力で賄えるとも言います。 従来は、利用しなかった電力は全て電力会社に売電されていました。 しかし、蓄電池が太陽光発電の一部になる事で、半分は売電、半分は充電を行う事も出来るのです。 この事からも太陽光発電の設備の中には、バッテリーが必要であり、バッテリに充電されている電力があることで安心を得る事も出来るのです。